small-logo320
small-logo550
Create
Connect
Promote

会員ログイン

Marchio di Ospitalità Italiana

セミナー: 労働法

Event Date: 
2013年11月21日 (木)、9時00分 年月日 、時分
Add to Calendar
Venue: 
Italian Chamber of Commerce in Japan

経費削減をするには?人的資本を生かすには?こちらのセミナーに参加しませんか?

労働法

ヨーロッパから日本へ:在日企業のための新たな機会

3人のイタリア人労働法エキスパートが人的資産を生かす方法や在日企業のためのコスト削減方法を説明致します。

日にち: 2013年11月21日(木)
時間: 09:00  – 10:00
開場:8:45
場所:在日イタリア商工会議所

住所:東京都港区赤坂1-12-12榎坂ビル

言語:英語
 
軽朝食をご用意致します。

限定席ですので、お早めのご予約をお勧め致します。

ICCJ会員: 1000円
非会員:​ 1500円
 

イベントのプログラム:

09:00 – 09:15  インターンシップ、見習い、工業博士(PhD industrial):新卒の欧州人を日本の子会社で働かせるには?

イタリア企業や欧州企業で新卒を採用し、日本の子会社で経験を積ませ、能力の向上と二カ国のノウハウ交換、促進するための戦略。
ミケーレ・ティーラボスキ教授。モデナ、レッジョ・エミリア大学の労働法科教授、Panthéon-Assas 大学(フランス、パリ)、ミドルセックス大学 (UK ロンドン)、 e Nacional de Tres de Febrero大学(アルゼンチン、ブエノスアイレス) 客員教授。
 

09:15– 09:30  国際雇用契約:言語の重要性

報告担当者からの国際雇用契約の主な問題として、法的背景や言語が違う事業者に理解してももらうために、言語の不足や競合を避けるためのいくつかの戦略についての説明。

ピエトロ・マンツェッラ教授。モデナ、レッジョ・エミリア大学労働法、新産業法 、言語学研究所奨学生博士研究員。

 

09:30– 09:45  日本の法制度「雇用契約証明」を導入することの利益について

日本の法制度「雇用契約証明」を導入すると、非正規雇用契約の制御や管理紛争に伴うリスクやコストの削減に繋がり、企業の社会的責任を推進しながら、運営することができる。

ガブリエーレ・ガンベリーニ。ベルガモ大学労働法博士課程、独立行政法人労働政策研究・研修機構客員研究員(日本、東京)

 

09:45 – 10:00  Q&A

ICCJ Brands

True Italian Taste

毎月開催の本格イタリアンブッフェ

Joop banner​​

最高級のEXVオリーブオイルを決める国際コンクール

ICCJ Gala Dinner and Concert

一年を締めくくる華やかなパーティー

日本で味わえる本格イタリアンの名店

corsi di italiano

ICCJでイタリア語を学ぶ

ICCJのメーリングリストに登録しませんか?
* *必須記入事項
ICCJのメーリングリストに登録しませんか?
* *必須記入事項