small-logo320
small-logo550
Create
Connect
Promote

会員ログイン

Marchio di Ospitalità Italiana

Master of Food

Event Date: 
2014年5月10日 (土)、10時30分 to 2014年5月14日 (水)、21時00分 年月日 、時分
Add to Calendar
Venue: 
Italian Chamber of Commerce in Japan

 

在日イタリア商工会議所

presents

Master of Food: Il gusto di saperne ancora di più

マスター・オブ・フード

さらなる味の追求

教育計画

食育に関するコース参加証明書の取得

2000年に誕生したマスター・オブ・フードは、大規模で革新的な食研究プロジェクトである。教育計画はスロー・フード・イタリアによって考案され、参加型教授法で責任のある消費と購買意欲を促進させる仕組みになっている。講義だけではなく、シミュレーション、試食、比較をすることでノウハウや選択方法を習得し、知識を身につけることができる。選ばれたコーディネーターによってコースが組まれ、食品分野の経験豊富な教師陣により最も革新的な方法で実施される。

 

目的

マスター・オブ・フードの目的:

−地方ごとの生産や品質の知識と価格設定

−食事の喜びと味の重要性

−環境サステナビリティに配慮し、食文化、食品の流通、消費を促進させる

 

コース概要

歴史的背景、製造に関する技術的な側面と文化的、社会的、法的、一般的な分析・経験に基づく試飲や感覚の比較を理論的な方法で5つの行程から構成したマスター・オブ・フードのオイル、チーズ、お酢、オーガニック、バイオダイナミックのコースです。

 

パネリスト

クリスティアーノ・デ・リッカルディス

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルのオリーブオイルテイスター、ハイクオリティチーズのマスター・テイスター。ヨーロッパやイタリアの高品質な製品のバイヤー用コンサルタント。


−教育指導とトレーニング専門家
−エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルと酪農製品の感覚的側面の品質向上研究
−環境サステナビリティに配慮し、食文化、食品の流通、消費を促進させる

−テイスティング専門家


−食料品の感覚的評価専門家

「マスター・オブ・フード」スローフードで10年間教員を務めており、ハイクオリティのオイルや国内オイルテイスターズ名簿のパネルリーダー、ポッレンツォ食科学大学教授(イタリア、クネオ) 。


 

コースの内容

 

 

A-ACETO ヴィネガー

 

歴史の中のヴィネガー、モデナやレッジョの伝統的なバルサミコ酢について


原料の分析


調理したブドウのしぼり汁について


樽や木材:伝統的なお酢の特性に影響する場合としない場合


基本的なワインやワインによる酸化とワイン以外による酸化、熟成


生産工程のコントロールとお酢用DOP認定


純正バルサミコのテイスティング方法とテイスティング

テイスティングの技術と方法、4種類のバルサミコ酢を用意、2本はモデナの伝統的な熟成バルサミコ酢、1本はモデナIGPバルサミコ酢、1本は白パルサミコ酢を使用

 

 

O-OLIOオイル

 

オリーブの伝統と文化

オリーブ畑から搾油場まで生産と世界的消費


名称と商品分類


オリーブ栽培と収穫、運送


搾油場と抽出技術
生物多様性と地元の品種


生物学的要素と栄養、感覚器官を通しての物質の性質


化学的−物理的特徴


ラベルの読み方


その他のオイル


料理用オイルと他のオイルの組み合わせ方法


テイスティングの技術と方法 4本のハイクオリティ・オイルのテイスティング

 

 

B−オーガニック※とバイオダイナミック

 

序文と歴史

ヨーロッパの規定

オーガニック製品の認識ロゴとラベル

証明認証機関からの検査実地活動

イタリアやヨーロッパ、世界におけるオーガニックブランドの製品証明書番号

サプライチェーンとオーガニックの認証保証付き市販品のトレーサビリティ

倫理的観点からのオーガニック製品の特徴、および環境によるトレーサビリティ

サプライチェーンとバイオダイナミック製品の生産ラベル

バイオダイナミック製品の特徴とこれらの認定オーガニック製品、およびオーガニック方法との相違の説明
オーガ三つのオーガニック食品のテイスティング

 

  • オーガニックはイータリアン・ビオ・プロジェクトで推進されています

 

 

F−チーズ

 

牧草から生産まで、牛乳からチーズまで

  特別な種類の牛乳:化学物質と細菌による構成

  牛乳の生産に影響する主な要因

  生産技術及び行程
  チーズ製造工程
  熟成中のチーズの微生物の役割

チーズの分類と栄養的側面
  チーズの分類
  利点、欠点の認識
  試飲や試食のテクニック
  4種類のチーズの試食

 

 

C.O – オリーブオイル・キャビン

 

高品質オイルの特性
イタリアDOPオイル
イタリア栽培品種
ラベルの読み方
組み合わせの規則
4種類の高品質オリーブオイルと1種類の低質オイルを使用したテイスティング

 

 

C.F – チーズ・キャビン

 

どのようにして、チーズの種類は生まれるのか

チーズの熟成、成熟、洗練

様々な種類のチーズの表面

チーズの利点と欠点

5種類のチーズを使用した試食

 

 

日時

 

コースBとF

- オプション1(ウイークエンド) 2015年5月23日~24日

時間

5月23日

5月24日

10:30-12:15

A

B

13:45-15:15

O

F

15:45-17:15

C.O

C.F

 

- オプション2 (平日) 2015年5月25日~27日

 

時間

5月25日

5月26日

5月27日

10:30-12:00

-

-

C.F

15:30-17:00

-

C.O

-

18:00-19:45

O

F

-

20:15-21:45

A

B

-

 


言語

授業はイタリア語で行われるが日本語の通訳あり。

証明書

コース終了後にICCJとスロー・フード・イタリアから参加証明書をお渡し致します。

場所

在日イタリア商工会議所
〒108-0073 東京都港区三田 4-1-27 FBR三田ビル9F


Tel. 03-6809-5802

Google MAP

 

料金

全コース

ICCJ会員 58.000円

非会員 63.000円

 

1コース(A-O-F-Bから選択

ICCJ会員 13,000円

非会員 16,000円

 

キャビンコース(C.O-C.Fから選択)
ICCJ会員 15,000円
非会員 18,000円

 

お申込み

オンラインからフォームにご記入いただくか、こちら support@iccj.or.jp  までメールをお送り下さい。

 

インフォメーション

ICCJ Tel: 03-6809-5802

Email: support@iccj.or.jp

 

Sponsor:

 

ICCJ Brands

True Italian Taste

毎月開催の本格イタリアンブッフェ

Joop banner​​

最高級のEXVオリーブオイルを決める国際コンクール

ICCJ Gala Dinner and Concert

一年を締めくくる華やかなパーティー

日本で味わえる本格イタリアンの名店

corsi di italiano

ICCJでイタリア語を学ぶ

ICCJのメーリングリストに登録しませんか?
* *必須記入事項
ICCJのメーリングリストに登録しませんか?
* *必須記入事項