【5月12日時点】

現在取られている措置について

1. イタリア渡航前に気を付けるべきこと

入国制限 — 下記のリストに該当する場合のみ 入国が可能

  • 業務上の必要性
  • 極めて緊急性の高い事態
  • 健康上の必要性
  • 就学上の必要性
  • 自身の住所・居住地・居所への帰還など。

イタリア入国前 48時間以内に PCR検査の陰性証明(または抗原検査でも可)

2. イタリア渡航後

    1. 空港からホテルまでは私的な交通手段のみの使用可能
    2. イタリア入国前のデジタルフォーマット(宣誓書)の入力義務
    3. 地域を管轄する保健所の予防局に対し自身の入国を通知しなければなりません
    4. 10日間の自主隔離措置
    5. 10日後には再度PCR検査を受けなければなりません。

注意点

上記の規則は日本からの渡航で旅行者が直近14日間に日本から出ていない場合に適用されるものです。直近14日間以内に日本国外に行かれた場合にはその国に適用されている規則、さらにイタリアへ渡航する際に乗り換え(トランジット)された場合にもその国に適用されている規則を事前に確認する必要があります。

 

渡航前に役立つリンク(外部リンク)

上記の説明も含み、イタリアで適用されているコロナウイルス関連の措置・規則などは頻繁に更新されております。したがって、渡航前は必ず最新の情報を確認することが重要です。

この質問票は、自身のケースに最も近い回答を入力/選択することで、その時に適用されている措置・規則などが自動的に表示されます。

EU加盟国のコロナウイルス関連の基本的な渡航情報が確認できます。しかし、最新の情報は各加盟国のサイトでより早くアップデートされている可能性がございますのでご注意ください。


*本記事は一般的な情報提供を目的に掲載されたものであり、法的アドバイスではありません。本記事にはサードパーティのWebサイトへのリンクが含まれています。

**外国からイタリアへ入国する際の制限・措置などは約2週間に1回のペースで更新されています。イタリア渡航の際には必ず最新の情報をチェックしてください。