デジタル広告の役割

開始時間 2019-03-15 09:00:00 終了時間 2019-03-15 10:30:00
場所: ICCJ Event Space
Western user surfing a Japanese website

2019年、世界中でソーシャルメディア広告にかかる費用はUS$92,931mが予測されます。この数字は24%の年間成長率を示し、2023年までにUS$217,925mの市場規模と予想されています。

今日では、企業はソーシャルメディア上で存在感を高めようと、今までにないほどのコストを費やしていますが、お金をかけるだけでは必ずしも正しいブランドメッセージを伝えられるとは限りません。イタリアで最も活動的なデジタルマーケティングエージェンシーのうちの1社であるTMP Groupと協力し、在日イタリア商工会議所は有料広告の正しい活用方法、デジタル広告がどのようにビジネスを後押しできるのかについてお話しします

セミナーでは日本企業がヨーロッパでブランドPRをする際に、考慮すべき最も重要な側面に焦点を当てます。これから海外でのデジタルプレゼンスを作ろうと思っている方や向上したいと考えている方には必須のセミナーです。

プログラム

– 本日のプログラムの紹介

– 有料広告の役割:理由とROI

– メインツール:ヨーロッパと日本の比較。主要な広告キャンペーン

– ヨーロッパのケーススタディ

– 日本のケーススタディ

– ラーニング

– 質疑応答

セミナーは日本語です

開催詳細

日付: 2019年3月15日(金)
時間: 9:00-10:30(受け付けは8:30)
会場: 在日イタリア商工会議所
住所: 東京都港区三田4−1−27
参加費: ICCJ 会員 3.000 JPY (消費税別)
非会員 5.000 JPY(消費税別)
※朝食ビュッフェ形式

お申し込み/キャンセル締切: 3月13日(水)12:00迄

ご登録はこちら

お問合せprojects@iccj.or.jp