在日イタリア商工会議所(ICCJ)は、1972年、イタリアと日本の間での商業的交易、関係の促進を促すために東京で設立された企業と企業家の協会です。この会議所は1986年にイタリア外務省から公式に認可されました。

在日イタリア商工会議所はAssocamerestero(在外イタリア商工会議所協会)の一員で、協会レベルのみならず、積極的なビジネス関係の奨励や54カ国にまたがる79のイタリア商工会議所との協力まで、様々な活動に参加しています。

私たちの主な目的は、イタリア-日本間のビジネス関係を奨励し、発展させることです。私たちは1年を通して、会員様の経済状況に関するよりよい理解や、マーケティング戦略の向上をお手伝いするために、情報や知識、ヒントを提供するようなイベントやセミナーを定期的に開催しています。

私たちは、日本とイタリア両国において、新規事業の立ち上げからプロモーション戦略など全ての段階における法人会員企業様のニーズに応じた様々なビジネスサポートを行なっています。海外進出準備のためのマーケティング調査、市場調査、的確なビジネスパートナーシップの選定及び締結、最も効果的な戦略プロモーション、事業範囲内での総合的なロジスティックに関するサポート、商品販促キャンペーン、法的支援など多岐に渡ります。また、東京都内の在日イタリア商工会議所オフィス内において、ビジネスセンターとしてのサービスも提供しています。