開始時間 2021-11-08 10:00:00 終了時間 2021-11-11 18:30:00
場所: ICCJ Event Space

いよいよ緊急事態宣言が解除され、在日イタリアイタリア商工会議所がオープン試飲会を開催致します!

8社のワイナリーをICCJにてご紹介致します。

イベント中はICCJイベントスペースにワインをご用意しております。
お気軽にお越しいただき、ご試飲できます。
それぞれのワインのテクニカルシートと価格表をご用意しております。

* 生産者は当日いません。
* 試飲していただいたワインについて生産者とお話ししたい場合、追って商談会も調整可能です。

対象:インポーター、ディストリビューター、直輸入を行っているレストラン・ワインショップ

開催日程:
2021年11月8日(月)〜 11日(木)
時間帯 10:00~ 18:30

感染拡大防止のご来場者様数調整のため、事前登録制度を取らせて頂いております。

ご登録はこちら

1. Azienda Agricola Tenuta Matilde Zasso

3世代にわたるワイン造りの伝統を持ち、ポッツオーリで唯一カンピ・フレグレイのDOCワインを生産している会社です。

産地:Pozzuoli (ナポリ)
本数(年間):350,000 本
面積:100 ヘクタール
ご紹介のワイン
– Campi Flegrei DOC Falanghina (Falanghina 100%)
– Campi Flegrei DOC Piedirosso (Piedirosso 100%)

**********************************************************

2. Borgo Macereto

ボルゴ・マチェレトは、ディコマノ(フィレンツェ)のムジェロとヴァルディジーブの間に位置する丘陵地帯に、約20ヘクタールの敷地を有しています。エステートのうち、6ヘクタールはブドウ畑、3ヘクタールはオリーブ畑、残りのエリアは牧草地と森林に分けられています。
農業生産は、2014年にフォスカリーニ家がこの土地を購入し、その大部分をブドウ畑に捧げることを決めてから始まりました。サンジョヴェーゼとガメイが植えられていた元々の3ヘクタールのブドウ畑を回復させ、ピノ・ノワールと、2016年にはリースリング、インクロシオ・マンゾーニ、モスカート、ソーヴィニョン・ブラン、ヴィオニエなどの様々な香り高い白ワインを加えて、オリジナリティ、新鮮さ、エレガンスを演出しています。

産地:Dicomano (フィレンツェ)
本数(年間):15,000本
面積:6ヘクタール
ご紹介のワイン
– La Fuga (Sangiovese 100%)
– Musica (Sangiovese 100%)

**********************************************************

3. Fattoria Italiana Martelli S.r.l.

この地域は、昼夜の温度差が大きく、風通しが良いため、ブドウの木に理想的な微気候を与え、優れた品質のブドウを育てることができます。

産地:アブルッツォ州
本数(年間):131,000本
面積:17ヘクタール
ご紹介のワイン
– Montepulciano d’Abruzzo DOC
– Pecorino terre di Chieti IGP (Pecorino 100%)

**********************************************************

4. GINO CORDIN SRL
カンティーナ・アッコルディーニ・イジーノの歴史は、1821年にヴァルポリチェッラの中心地で始まりました。Accordini Iginoは、Consorzio Tutela Vini Valpolicellaの一員であり、「RRR」(Riduci, Risparmia, Rispetta)プログラムを遵守しています。RRRは、イタリア初の「サステイナブルエリア認証」です。これはヴァルポリチェッラというワイン産地のために作られたもので、ヴァルポリチェッラの生産地で作られたワインとブドウだけが認証を受けることができます。

産地:San Pietro In Cariano, Verona Tregnago

本数(年間):260,000本
面積:35ヘクタール
ご紹介のワイン
– Amarone della Valpolicella DOCG Classico Riserva “Gino Cordin” (Corvina, Corvinone, Rondinella, Oseleta)
– Amarone della Valpolicella Classico DOCG “Le Bessole” (Corvina, Corvinone, Rondinella, Oseleta)
– Corvina Veronese “Le Bessole”

**********************************************************

5. Podere Ema s.s.a.
ピュア・トスカーナのコンセプトを強化するために、土着のブドウのみを使用して偉大なワインを生産しています。 醸造と精製には、スチール、テラコッタ等わずかな木材しか使用していません。これは原産のブドウ品種の特徴をできるだけ新鮮に保ち、変化させないためです。

産地:トスカーナ州
本数(年間):50,000本
面積:13ヘクタール
ご紹介のワイン
– Fogliatonda (Foglia Tonda 100%)
– NOCCHINO (60% Sangiovese 30% Fogliatonda 10% Colorino)
– ROSSO EMA (90% Sangiovese 10% Colorino)

**********************************************************

6. Tenuta di Angoris

敷地内には90ヘクタールのブドウ畑があり、この地域で最も適した3つのエリアに広がっています。イソンゾ地区、コッリオ地区、コッリ・オリエンタリ地区です。ここでは、リボッラ・ギアッラ、フリウラーノ、レフォスコ、スキオッペッティーノ、ピニョーロなどの固有品種が、国際品種と一緒に自然な環境で育っており、そのワインは30カ国に輸出されています。
ワイナリーは持続可能性の認証を受けています。ブドウ畑の管理からセラーでのワイン醸造に至るまで、すべての手順で土地の生物多様性と環境を尊重しています。

産地:フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州 (Collio DOC, Friuli Colli Orientali DOC, Friuli Isonzo DOC)
本数(年間):500,000本
面積:90ヘクタール
ご紹介のワイン
– Ribolla Gialla Angoris (Ribolla Gialla 100%)
– Friulano Angoris (Friulano 100%)
– Pignolo Riserva Giulio Locatelli

**********************************************************

7. TERRAROSSA (Rete di Imprese ・企業ネットワーク)

テラロッサは、数十年前に、北イタリアのボローニャとモデナの間にあるワイン用葡萄の栽培に最適なボローニャ丘陵地帯で、5つの歴史的なワイナリーを統合し、設立されました。
「ピニョレット」の偉大な解釈者として、テラロッサはボローニャのブドウ栽培の真の “王様 “であるこの土着品種から、非常に興味深い製品を作ることができます。
タンク内での再発酵による「シャルマ方式」と瓶内での発酵による「トラディショナル方式」によるスパークリングから、ピニョレット・スーペリオーレを使用したスティルワインまで。
澱の上で4ヶ月間のバトナージュを行った後、スチールで醸造されたピニョレット・スーペリオーレのDOCを使っています。

産地:Zola Predosa (ボローニャ)
年間の生産量:3500 / 4000hl. (ネットワークに参加している4社の合計)
面積:約50ヘクタール (ネットワークに参加している4社の合計)
ご紹介のワイン
– PIGNOLETTO SUPERIORE DOCG (GRACHETTO GENTILE 100%)
– PIGNOLETTO FRIZZANTE DOCG (GRECHETTO GENTILE 100%)
– PIGNOLETTO SPUMANTE DI QUALITA’ MILLESIMATO DOCG (GRECHETTO GENTILE 100%)

**********************************************************

8. Vigna Italiana

ヴィーニャ・イタリアーナは、多くのワインメーカーを代表する会社です。一つのワインメーカーは、非常に限られた種類のワインしか提供できませんが、
ヴィーニャ・イタリアーナは、ユニークなブランドのもとに、イタリアの最高のワイン製品と、イタリアの最高のデノミネーションをまとめました。
異なるお好きな銘柄をお選びいただき、受注からご請求、お届けまでをまとめて行うことができます。その中でも今回は、ユネスコ世界遺産に登録されている高品質の生産地、ランゲをご紹介します。ヘクタールあたりの栽培面積が少ないものです(生産量が少ない分、品質が高い)。中期熟成可能な白ワインでありながら、アルコール度数が13.5%のアルネイスもご紹介します。これらのワインはすべて、1896年に設立された100周年記念ワイナリーのものです。

産地: Dogliani (クーネオ県、ピエモンテ州)
本数(年間):700,000本
面積:70ヘクター
ご紹介のワイン
– BAROLO DOCG TANNICUM (Nebbiolo 100%)
– LANGHE DOC ARNEI LUNA CRESCENTE (Arneis 100%)
– PIEDMONT DOC BARBERA “RUBINUM” (Barbera 100%)